« 技術で生きる! | メイン | スタジオヒアリング »

2009年6月11日 (木)

骨格。

Bones

photo:骨ロゴ(思ったより写真が暗い、、)

東京に行くと大抵は足を運ぶ場所があります。

東京ミッドタウン敷地内にある「21_21 DESIGN SIGHT

大雑把に説明するとデザインのための美術館、といったところでしょうか。

展示に自然と参加出来たり、実際に触れてみたり。

毎回、イロイロなテーマに沿って中心となるデザイナーさんを核に、
作家さんであったり、デザイナーさんであったり。
様々な作品が並びます。

今、開催されているのは 第5回 山中俊治さん ディレクション 「骨」展。

前半は、現存する工業製品の骨格、そして、生物の骨格。
後半は、「未来への骨格」を見据えての作品たち。

後半部分が非常に興味深いのはもちろんですが、意外に前半部分にもイロイロ考えさせられました。

見えない部分の必要さ、というか。。

普段、何気なく使っているモノも、その中にはしっかりとした芯があり、核があり、
中からちゃんと支えているからこそ、外で勝負することが出来る。

家もそうですよね(^^)

持論ですが、モノゴト全てが表裏一体だと思っています

いい面もあれば、悪い面もある。
悪い面と思っていたら、実はいい面だった、なんて。

何より、自分自身もぶれない“骨格”を持った人になりたいものです。

そう思わせてくれるいい展示でした。

次回も楽しみです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/411102/31853283

骨格。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿